事故があった時、あなたが車の事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした相手が間違いを少しも受容しない場面はかなりみられます。例として、意思と関係して起こってしまったのではなくちょっと気が抜けて乗っていた車をぶつけた時などに、こういう争いにつながってしまう状況があるのです。とは言ってそのまま車のみの「物損」対応されて数ヵ月後に症状が現れた際に通った病院の診断書類を警察署に提出するというのは対処が遅れる感じは仕方がなくなります。それでは車の事故の過失割合はどんな判定基準が存在するのでしょうか。厳密に言えば、警察署が決めるのは、自動車事故の大きな過失が認識されるのはどちらの車かという事柄であり、割合ではありません。まして、最終的に決定された過失が認められた人が警察から公表されるケースはないです。そのため、割合は事故当事者のやり取りによって明確にされ、その結果が損害賠償の算定のベースとなる訳です。この場面で、両者共に車の任意保険に加入していなかった場面では、お互いが直接的に相談することしかできません。しかし、当然こういう調整では、冷静さを失った押し問答になる状況が多くなります。この上、お互いの意見に相違があれば万一の場合、訴訟に進みますが、その場合時間とお金のとても大きな損となってしまいます。多くの状況で、事故に関係するドライバーに付く自動車の保険会社、この互いの会社に話し合いを一任する方法で、過失の割合がどうなのかを客観的に決定させるのです。このような時には自動車保険の会社はそれまでに起こった事故の裁判によって導きだされた判決から算定した認められた基準、判例タイムズ等を元に、推測と相談を活用して割合を導き出します。と言いつつも、自動車の事故においては遭遇してしまったのか起こしてしまったのかによらずとりあえず警察に連絡するのが大切です。その後で、保険屋さんに電話して、これからの協議を頼むのが手順となります。ちゃんとした手続きさえ知っていればそれぞれの不毛な話し合いとなる状態を回避できるに違いありません。