外国為替証拠金取引で投資する面白いところは、一つだけの金融商品ありながら投資期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3種類の期間からいずれをセレクトするのかということにより、資金を費やす方法がまるっきり異なるという部分にあると言います。最初は外国の貨幣へ投資の「長い期間の投資」に関して考えましょう。長期投資というのは一年以上の投資期間を想定しています。基本的に為替で、一年以上も先々の為替相場が円高になっているだろうか、それとも円安かを連想するのは多くは苦難だと思います。ほとんどのケースでは、「そんなに後々のことは見当もつかない」と思うのが現実だからです。予測もできないものをがんばって予言しようとしてもそんなことは無茶苦茶な行為なのです。そういったことから外国貨幣を買ったと仮定して、レートよりも円高に変わったとしてもその差損分は近い将来返ってくるはずだという意識で売買に向かうことが大事です。利益を何が何でも狙うというよりも他の儲け、スワップポイントを大きくするというのを目当てとして出資しましょう。当たり前のことですが、短期間で為替の差損にマイナスが非常に大きくなることもあります。ですから、このような損失が膨らんでも耐えられるように、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめに取引する心がけは大切です。FXは差損が一定金額以上拡大すると追い証を払わなければならなくなったり、もしくはストップロスがかかったりします。損切りをすることになったらすぐトレードをフィニッシュせざるを得なくなり長期トレードはストップします。この種の危険を回避するためにはレバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)を2?3倍あたりで取引するのが安心かと思います。2番目に中期投資の場合の売り買いに関してです。中期スタンスの場合、最大でも1?2ヶ月ばかり経った頃を推測しての売り買いになります。為替売買の際は、1ヶ月ほど先のことはほとんどの場合想定しやすいと言われます。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)などのような世界的なミーティングの内容や、マーケット参加者がどんなポイントに興味を持っているかを見ればだいたいの場合予知できるでしょう。この経済の基礎的条件を見ながらも、グラフを参照することによって為替の動きを把握する事ができ、買いか売りかをジャッジするといいと思います。基本的にファンダメンタルズとテクニカルの両方で光り、または買い傾向が同じ時は、まずその様に行くと思って良いのです。保有高を増やしておけばより高い利益を入手できるのです。最後に短期トレードの要点です。ここでの短期スタンスが示しているのは、いわゆるデイトレーディングのことを意味しています。為替市場でデイトレーディングをする場合は、ファンダメンタルズはまったく影響がないと思います。なぜかというと翌日の為替レートの変動に経済の基礎的条件は関係がないからです。この時ポイントは大規模な催し物がある時、それに影響して為替のレートがかなり変動するタイミングを逃さないようやり取りしましょう。例を挙げると、アメリカ合衆国において雇用情勢が公開される、または金融政策などによって金利が変動するくらいのこと。こんな大事な機会に変わり様を見逃してはいけないとの意味合いから、短期のスタンスでは様々なものが必要となる。