新聞の宣伝、スポーツ新聞、電柱にあるビラやダイレクトメールで「多重借金の整理します」「借金を一括化しませんか」という内容の売り文句を閲覧することがありますよね。

こういうのは、「整頓人」「買取屋」「つなぎ屋」と呼ばれている業者の嘘広告のケースがあるということです。

こういったものを依頼した場合は破産申立フローの中で最も重要な免責許諾をもらえない恐れもありえます。

「整理屋」とは負債者を引きつけ、すさまじい手数料を取り負債整理をするのですが本当は負債整理は行われないで、債務人はより一層の借金地獄に落ちることがすべてと言えます。

「買取屋」の場合は、負債人のクレジットカードで、電気製品、飛行機の券などを山ほど仕入れさせ依頼者からこれらの品物を購入額の1割ー額面半値で買取るというやり口です。

債務者は短期には金銭がもらえますが、そのうちカード業者からの商品の完全な請求が送られてきて、現実には債務を悪化させることになります。

この場合、カード会社に対する詐欺ということになり免責判定を手に入れられなくなります。

「つなぎ業者」というのは有名な貸金業者から断られるようになった債務人に対して、業者としては融資はせずに、提供をする別な会社を知らせ、料金を請求する悪徳業者です。

紹介者は専門的な努力で資金提供してもらえたというように報告しますが、何もしないで、種は簡単で審議のゆるい店を教えているだけです。

この場合も実際は借金額を増加させるだけです。