初めての方向けの外為取引の教科書では「損をした時にはナンピン買いをすることによって、ポジションの平均を価格を下げることができる」等説明されていると思いますが、現実にはそれには隠れたリスクがあります。

ナンピン買いの手法に関して簡単に記述します。

ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。

ドル買いのため円安ドル高に向うほど儲けが出ますが、反対に1ドル=95円まで円高が進んでしまったとします。

そのままの状態で保持し続けたとしたら、損がなくなるまでには、損失分ドル高に動く必要があります。

誰もがみんな、マイナスは可能な限り早く取り戻したい願うだろう。

この状況を変えるため最初にエントリーしたのと同額分の$を95円で買います。

そうしたら、ポジションの平均の買い付け単価は97円50銭まで低くする事が出来ます。

この結果、2.50円の幅で円安に推移すれば、マイナスを回復できる。

それが、ナンピン買いのロジックだ。

こういうふうに、ナンピン買いの理論を耳にすると、「まちがいない」という風に思うが為替相場は易々と思った通りにはなりません。

1ドル=95円が下限だとということなど誰にも予想できません。

たとえば、マーケットが相当に強いドル安基調だとしたら、95円では下げ止まることなく、一段の円高が進む確率は高くなります。

一例として、97円50銭でナンピン買いをするとしても、1ドル95円まで円高ドル安に向ったら、ナンピン買いした分についても、差損が生じます。

そういう状態では一番初めに買ったドルと合わさってより大きな差損を被ることになります。

このように、ナンピン買いはややこしいです。

では、マーケットが己の脚本とは反対の方向に素早く進んでしまった場合、どういう対応で危険を回避すればいいのでしょうか。

この場面では選択する手段は限られています。

最初のひとつは覚悟を決めて、損切りをする事です。

もうひとつの手段としては、あなたが保有しているポジションを少なくして再び市場が戻るのを黙って待機する事です。

主体性のない術だと感じる人もいるでしょう。

だが、自分の持っている買いポジションに為替差損が出た時、一番有効な手段はそれ以外には考えられません。

言うまでも無く、考え方としては、ナンピン買いする手法も効果的です。

しかしながらナンピン買いは、自分が損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを縮小するどころか逆に買いポジションを重ねていく考え方です。

この手段では、リスクを管理することなどどこをどうやっても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをし続けられればいつかは利益を上げられるかもしれません。

だが、それ以前に投資資金はマイナスになってしまいます。